« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005/01/29

だけじゃない !? その2

DSC00698「IKKOYA」は「HRM(ハリウッドランチマーケット)」、「BLUEBLUE」、「GAIJIN MADE」の服だけを扱っているわけではありません。それらブランドの「ジュエリー」、「アクセサリー」も取り扱っております。

「バレンタインデー」を前に、リング、ネックレス、バングル、財布、バンダナ等の「ジュエリー」、「アクセサリー」が種類、サイズも豊富に入荷してきました。
またまた売り切れ必至の「4連リング」、「月とラクダ」、「BLUEBLUEフラッグ」のネックレス、その他新作も今なら揃っています。カップルにはペアできるサイズも用意しています。これだけ種類が揃っているお店も珍しいかも?

皆と同じに飽きてしまった方々には、迷わずお勧めいたします。

※写真はほんの一部です。

2005/01/27

だけじゃない !?

「IKKOYA」では、セレクトした衣料品や服飾雑貨を販売しておりますが、「照明」も取り扱っていることは知らない方のほうが多いかも知れませんね。(売り場ではインテリアの一部になっている為 !?)

ブランド名は「ブナコ」。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、そうでない方はこちらをご覧下さい。
店内でご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらも実は販売しております。カタログをご用意しておりますのでご興味のある方はスタッフにお申し付け下さい。

この「ブナコ」の照明は六本木ヒルズ内にある有名なカフェでも使用されており、最近ではお洒落な飲食店などで見かけることが多くなりました。ぶなの木をバームクーヘンのように丹念に巻き、それを加工して出来上がったものには、スツールや食器などもあり、手に取った感触、見た目にもあたたかみを感じさせる物ばかりです。

結構意外だったでしょ?

2005/01/26

ティンガティンガ・アート

この時期に半袖TEEが売れています。入荷しているものは一部ですが、その中の「MAURIS MALIKITA(モーリス・マリキタ)」と言う名のブランドが人気です。効きなれない方も多いかと思います。(実際私も聞くまで知りませんでした)

ティンガティンガ・アートはご存知でしょうか?下記に少し説明してみましたので参考にしてください。

****************************************************************
ティンガティンガ・アートは、1960年代末から東アフリカ、タンザニアの首都ダルエスサラーム郊外で誕生した絵画スタイルで、その名称は創始者の名前エドワルド・サイディ・ティンガティンガ(1937~1972)に由来します。このアートの特徴は、エナメル・ペイントを使って、主に正方形のマゾニット(合板)にゾウやライオンなどの動物たち、ピーコック(孔雀)や尾長鳥などの鳥たち、さらに歴史上の出来事や人々の暮らしなどを、鮮やかな色彩と独特なデフォルメで表現するところにあります。
****************************************************************

このティンガティンガ・アートの工房で活躍するアーティストが「MAURIS MALIKITA(モーリス・マリキタ)」です。彼の絵の特徴は、病院やバスステーション、ガソリンスタンド等の、そこに集まる人々を主体としたモチーフを好んで描いています。その絵に描かれたコミカルな人物を見ていると、どれも楽しげで不思議とパワーが沸いてくる感じがします。
実物を見ていただくことをお勧めいたします。代官山のHRM(ハリウッドランチマーケット)でも取り扱っています。

尚、この商品の売上は「ティンガティンガ・アート工房」の活動にも役立たれています。ちょっと嬉しい気がします。

2005/01/24

ドラマで子役が…

DSC00706「IKKOYA KIDS」では、またまた注目ブランドが入荷しました。その名は「Bleu Horizon(仏)」(ブルーオリゾン)。名前からはちょっとマリンぽい感じも受けますが、表現は難しいですが「フレンチナチュラル」な感じ!? (これでイメージ湧きますか?)雑誌にも今後頻繁に露出していくと思われますので、ご期待下さい。こちらのデザイナーも皆さんご存知の超有名子供服ブランドの出身です。
やはり現物を見ていただくのが一番です。まだ少量なので、商品の写真はもう少しお待ち下さい。

写真は雑誌掲載商品を中心に「春物」商品をご紹介してみました。左から「PONY GO ROUND」 (1番目、2番目)、「Lillinils」「Party Ticket」となります。それぞれ個性的で「カッコイイ」と思いませんか? 実際に着てみた姿はもっと「カッコヨク」見えると思いますよ。

余談:最近「日テレ」のドラマ(名前が思い出せない)で子役の衣装が「PONY GO ROUND」であったことだけは、鮮明に覚えています。

2005/01/21

簡単そうだけど !?その2

新規参入とは言っても楽天やソフトバンクでもあるまし、ちょっと大げさでしたか?

「早いもの勝ち」のルール?これを詳しく説明すると、「地域性を重視しましょう」と言うことであって、「この地域にはこのお店のみの取り扱いに限ります」と言う意味です。既にこの地域で取り扱いのお店があれば、もうこの地域では取引はできません。(一部には縁故での取引もありますが)
これは子供服ブランドに限ったことではなく、大人服ブランドでもある意味常識の部分なのでお店をやられている方々には理解できると思われます。
これによって、各お店は独自性をだせて、メーカーも乱売を防げて、希少性を高めることができて、ブランドを確立していく。お店もブランド(メーカー)も守られていく。と言う構図になっていると思います。私もこの方向性には賛成します。私達がこのブランドに惚れて、この商品をお客様に勧めて、お客様が満足して御買い上げ頂く。この繰り返しによって、そのブランドに対しての実績を作り、そのブランドのメーカーとの絆(パイプ)を太くしていく。お互いの信頼関係が増していく。
この辺りも、お店をやっていく上での醍醐味でもあります。

さて、ここからが本題です。「IKKOYA」も「IKKOYA KIDS」もネット販売をしていません。以前は短い期間でしたがネット販売をやっていましたし、私個人的にも「楽天」でネット販売の経験をしています。ネットで買い物もしています。ネット販売を否定はしていません。

取り扱いブランドの「ハリウッドランチマーケット」、「DIESEL」、「DIESEL KIDS」等は、「通信(ネット)販売」を禁止しています。「ハリウッドランチマーケット」ではこのように考えています。 「HRM」
これらの考えはメーカーのポリシー、ブランドのポリシーとして、取り扱っているお店サイドとしては賛同します。これによって、先程の「お店の独自性~お店もブランドも守られていく」の説明に通じるような気がします。

さて、特に子供服の業界(お店)では「ネット販売」はもはや常識です。家にいながら、日本各地、津々浦々のお店で欲しい商品が購入できます。時間の無い方、お子様が小さくてなかなか外出できない方、欲しいけど近くに販売店が無い方、大変便利だと思います。それとは反対に、近くに欲しい商品のお店があって買い物に出かけてみると、既に売り切れ、ネット販売で売れてしまった。このような現象も少なからず起こっています。折角、このお店で、実物を手にとって、試着させて、店員との会話やお店の雰囲気を楽しんで、他の商品との比較もできて、納得して買い物をしたかったのに…

それでは、人口の少ない地域、他にお店の無い地域にお店を構えて、取り扱いブランドを増やして行き、しかも商品は全てネット販売!も可能なのでしょうか?

これではメーカーが言う「地域性」、お店の「独自性」、商品の「希少性」は守られているとは言えない気がします。
メーカーが直接ネット販売をする、最寄のショップを紹介する、人口密度の多いところには取扱店を増やす等の対策を
今後打っていかないと、拡販、乱売でお店は勿論、メーカーもそのブランドも死活問題になると考えるのは私だけでしょうか?

「IKKOYA KIDS」のスタッフは「保母」の経験者です。以前も他の子供服ブランドを扱っていた経験者です。他のお店にはマネができないくらい広い、プレイルームがあります。幸い「IKKOYA」も近くにありますので、お子様を「IKKOYA KIDS」にお預けになり、その間に「IKKOYA」でのお買い物をしていただけます(但し可能な限りでが)。この地域だけにしかないブランド(商品)等、他にも「独自性」があると自負しております。
お客様には「IKKOYA KIDS」のお店の雰囲気や、商品、スタッフを気に入って頂き、「IKKOYA KIDS」で買ってよかったと、思っていただけるように今後も努力して行きたいと考えております。勿論「IKKOYA」も同様です。

まだまだ書き足らず、説明不足な部分もございますが、タイトルの「簡単」とは裏腹の小難しい内容に最後までお付き合いいただいて誠にありがとうございました。

簡単そうだけど !?その1

自分に子供ができると、子供服に興味が沸く方は少なくないはずです。また、自分の周りに子供ができた(友達や甥や姪)方々も同感だと思います。「IKKOYA」が「IKKOYA KIDS」を始めたのもこんな気持ちからでした。
私が思うに、大人と同じ名前の子供ブランドが生まれることや、大人から派生した子供ブランド、大人の衣料を扱っていたショップが、子供の衣料を扱い始めること等など、上記の理由が少なからず関係していると思われます。

「IKKOYA」が大人服と子供服を一緒に置き始めたころ(2003/4/18)から考え、その準備期間を考えても子供服に携わって2年程の後発組です。今の「IKKOYA KIDS」になるまで紆余曲折があり、今でも色々試行錯誤を繰り返しています。

さて、子供服を始めるにあたり、当初商品の調達は多少簡単であると考えておりました。(大人服の販売実績もあることだし)、しかしいざ蓋を開けてみると、商品の調達(メーカーとの取引)には苦労の連続でした。なかなか扱いたいブランドと取引ができない現実が待っていました。「やるからにはそれなりの商品を集めて」と言うおもいがあっただけに出鼻を挫かれた思いでした。

子供服に限らず大人服でも同じですが、私達が扱いたい商品は、皆さんも扱いたい商品。そこには「早い者勝ち」と言うルールが存在し、やはり新規参入の後発組にはハードルが高い分野でした(資金があれば解決できた???)。

続きはまた次回・・・・

2005/01/20

桜と蓮

暦の上では「大寒」ですが、「IKKOYA」店内は、セールも一段落して春物が店内の雰囲気を変えてくれています。

先日ご案内した、「DIESEL」では早くもサイズ切れのデニムも出てきおり、「ジャパンリミテッド(日本限定色)」も好調です。
他には、「GAIJIN MADE」からはもはや定番の「桜」シリーズの、上品なシャツや長袖TEE、ガイジンメイドと言えば「蓮(ロータス)」のTEE等、幅広い層のお客様に支持され続けているアイテムも入荷して、店内は外の寒さを一変してくれます。
それにしても、最初に「蓮根(レンコン)」を食べた人はすごいと思うのは私だけでしょうか?

2005/01/17

無事終了!!

DSC006823日間限りのセールも多くのお客様にご来店、ご利用いただき無事に終了することができました。誠にありがとうございました。今後は、春物を存分に紹介していきますのでお楽しみに!

まずは「IKKOYA KIDS」からの新着を、
関西発信のキッズマガジン「maria」の今月2月号にも4ページに亙り紹介されているブランド「Lillinils」の春物が入荷してまいりました。2004年デビューの新しいブランドですが、デザイナーは元超有名ブランド(キッズブランドで知らない人はいないはず)のデザイナーをしていた方です。デザインは申し分ないですし、素材も肌に優しい物を使用したりと、細部までこだわりが見える「IKKOYA KIDS」の今年のお勧めブランドです。まだ取り扱い店舗も少なく(県内ではまだ「IKKOYA KIDS」のみです)、これからメジャーブランドになること間違い無し!! 他の子と差を付けたいのなら「リリニルス」で決まりです。

2005/01/15

初日は大盛況

おかげさまで、初日の「IKKOYA SALE」は多くのお客様に来ていただいて大盛況でした。
セール開催は今日と明日の2日間限りです。
春まで着れるレディースのカットソーも全品50%OFFです。メンズのトレーナーやカットソーも全品50%OFF!!今年、そして来年も活躍してくれそうなアウターも50%OFF です。
予報では雪ですが、外はまだ雨模様!早めのご来店をお勧めいたします。

*****************************
「DIESEL」2005年第一弾!! が、店頭に並び始めました。前回秋冬で買いそびれた方、欲しかったけどサイズが既に無かった方、ニューモデルが出てから買おうと心に決めていた方、ニューモデルが出ると居ても経ってもいられない方、だれよりも早く手に入れたい方、「DIESEL」にはまってしまって抜け出せない方等など、今回も一点物が多数です。スタッフもまだ買わずに我慢しておりますので、「思い立ったら吉日」欲しいと思ったら直ぐにお越し下さい!お待ちしております。

2005/01/14

本日から3日間限定!!

いよいよ今日から「IKKOYA SALE」開催いたします。皆さん準備はいいですか?
ここでセール品の一例として、

週末は雪の降る予報が出ておりますので

***モンクレールダウンジャケット 例)\121,800→\60,900(50%OFF)
***ハリウッドランチマーケット別注シェラデザインズダウンジャケット 例)\30,450→\15,225(50%OFF)
***ビルケンシュトックサンダル各種 例)\12,600→\6,300(50%OFF)
***レディースキルティングジャケット 例)\14,800→\5,000(66%OFF)

まだまだ書ききれないほどお得な商品がありますが、今日はこれくらいで....

セール商品は数に限りがございます。雪が降る前にお早めにお越し下さい。お待ちしております。

2005/01/13

いよいよ明日から!!

お待たせしております。いよいよ明日1/14(金)11:00~「IKKOYA冬物大セール」を開催します。ただいま準備真っ最中ですが、これから2月の寒い時期に備えて活躍しそうな商品がまだまだ揃っています。
今回も期間限定3日間限り! セール終了の1/17(月)以降は店内春物商品一色となりますので、この機会をお見逃しの無いように!!

2005/01/11

大変お待たせいたしました!!

sale114少しご無沙汰してしまいました。私事で色々ありまして、遅れたことをお詫び致します。

さて、皆さんお待ちかねの「SALE」情報ですが、左の写真をご覧下さい。
今回は夏の開催時にはセールにならなかった「DIESEL」も一部セール対象になります。他にも「HRM」、「BLUEBLUE」、「MONCLER」、「STUDIO ORIBE」等、これからまだまだ活躍するアウターやボトムス、セーターなど、他にもワンプライス(最大70%OFF以上)の掘り出し物もございます。期間限定です。次のセールは半年以上先になります。開催日をお間違え無い様、ご来店お待ちしております。

尚、IKKOYAは1/11(火)~13(木)は定休日となります。ご了承下さい。

2005/01/06

抱負??

1月も4日を過ぎると、仕事初めなどで一気に正月気分がぬけてしまい、お店も3が日の賑やかさが落ち着いて、普段の日常に戻りつつあります。年末(大雪が降ったり)、年始と慌しく、新年の抱負などを考えている余裕が無かったのですが、多少落ち着いてきた感じです。

新生「一衣舎」になって半年強、初めての新年を向かえました。気持ちも新たに新年の抱負を考えてみると、今年も「一衣舎」、「一衣舎キッズ」は更なる「カッコイイ」を追求していく一年にしたい、そして皆さんと「気持ちや価値観」を「SYNC(シンク)」していきたいと考えています。荒削りだったお店も今年は更にスマートになっていくと思います。厳選した商品、新しいブランド、新しい試みを期待していただきたいと思います。今年も「一衣舎」と「一衣舎キッズ」のご愛顧、何卒よろしくお願い致します。Think the future.

2005/01/04

おかげさまで......

2、3日の初売りには沢山のお客様にお越しいただき、おかげさまで「ikkoya」の福袋は完売、「ikkoya kids」の福袋は一部のサイズが残っておりますが、昨年の3倍近く販売することができました。誠にありがとうございました。
さて、本日1/4からは通常営業。店内はこれからどんどん春物一色になって行きますが、既に春物を購入されていかれるお客様も見られるようになりました。まだまだ寒い日が続いていますが、アウターの下に少しでも春物を身に着けてみてはいかがでしょうか? と言っている、私たちスタッフもこれからなのですが、セール(ikkoya)明けにはスタッフ全員が春の装いになっていると思います。
そこで、気になる「ikkoya」のセールの開催ですが、初売りに来ていただいたお客様には開催日をお知らせしたのですが、詳しい内容はこちらで順次ご報告させていただきます。首を長くしてお待ち下さい。また、お店に来ていただけなかったお客様にはヒントとして、「今週中の開催はありません」とだけお知らせ致します。
今週も新商品が入荷してきます。今後は写真付きご紹介できればと思っておりますので、お見逃しの無いように!!

2005/01/01

あけましておめでとうございます

2005ikkoyaあけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。今年の年賀状は左の写真の物をお送り致しました。皆さんいかがだったでしょうか?
さて、大晦日の大雪であわててスタッドレスタイヤを購入に、某車屋さんへその日の午後一番で向かいました。やはり皆さん考えることは一緒で大変混雑していてなかなか店員さんを捕まえることが出来ず店内をうろうろ。やっと捕まえていざ購入、結構な金額ですが背に腹は変えられぬと思い、年の最後の大きな買い物に目を瞑りました。さて、ここで取付はどれくらい?と聞くと何と180分待ち!! けれど仕方がないので、さらに雪が降り積もる中近くのお店まで移動し、時間をつぶす事にしました。かれこれ3時間近く経ってお店に来て先程の店員さんに聞いてみると、まだ順番が来ていない、それどころか更に3時間位掛かるとのこと。さすがにこれ以上待てないと思い、近くのガソリンスタンドで取り付けてもらうと話したところ、まだホイールにタイヤすら付いていない状態。怒りを押し殺して、店員さんに何とかお願いして、工賃の返金は要らないからと無理を言って順番を飛ばしてもらいました。(待っていらっしゃった方々申し訳ございません)ここまでの待ち時間4時間!! 無理して用意していただいたタイヤを持って近くのスタンドへ(既に道は一面真っ白)。やっと着いたのものの、待っていたのは更なる待ち時間でした.........結局家にたどり着いたのは7時をまわった頃。車屋の従業員さんスタンドの方々、お疲れ様でした。(ところでお帰りは何時だったのでしょうか??)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »